概要

目的

変光星に興味を持つ仲間が集い、変光星の情報を交換し、研究を深め、会員間の親睦を図ること。発足は1970年で、変光星観測者のネットワークを作ること、単に極大極小を求めるだけでない、さらに緻密な観測を考えるという目標を掲げてのスタートでした。

これまで会員から会費を頂き、会報を印刷・郵送しておりましたが、2020年度7月よりホームページ(Web)を活動の主体とした活動に変わりました。会費は頂かず、会報の発行は Web 上で行われます。

なお2020年7月より当会では、観測データの報告は原則受付ておりません。観測データの報告は VSOLJ (日本変光星観測者連盟) に電子メールを通じてご報告をお願い致します。


活動内容

■会誌の発行

 会員より原稿を随時受け付けています。事務局に提出され次第、随時発行されます。
  投稿先は会誌のページをご覧ください。

■ホームページに変光星に関する情報・話題を掲載(主な内容は以下の通り/工事中)

 予  報・・・・代表的な変光星の予報(脈動変光星、食変光星)

 観測方法・・・・眼視観測、CCD観測、デジカメ観測

 データ処理・・・CCDの場合、デジカメの場合

 観測報告・・・・報告の形式について

 データ閲覧・・・報告データの確認方法、光度曲線の表示方法


 

例会

 『変光星観測者会議』が年に一度開かれるので、変光星に興味のある方々が自由に参加しています(会員・非会員によらず)。開催の情報は随時、ホームページ上で公開致します。


日本変光星観測者連盟 (VSOLJ) への協力

日本変光星観測者連盟(VSOLJ:Variable Stars Observers League of Japan)は,日本天文研究会,東亜天文学会の変光星部門及び当会の3者で結成された,論文誌(変光星ブリテン)の発行,観測データの収集,保管,提供などを目的とした組織です。当会は,連盟の活動に全面的に協力しています。